Journals, Lecture Notes and Book Chapters


  • 長谷川大,盛川浩志,佐久田博司,中山栄純,安彦智史,”アバタ媒介型見守りシステムの高齢者における受容性について”,ヒューマンインタフェース学会論文誌,Vol. 20,No. 2,pp. 163-172,2018年5月.
  • 安彦智史,丸岡正朋,長谷川大,池辺正典,”子供を取り巻くスマホアプリ~CGMからみる危険性についての一考察”,チャイルド・サイエンス(日本こども学会論文誌),Vol. 15,pp.44-48,2018年4月.
  • 安彦智史,長谷川大,プタシンスキ ミハウ,中村健二,佐久田博司,”ID交換掲示板における書きこみの隠語表記揺れを考慮した有害性評価”,情報システム学会誌,Vol. 13,No. 2,pp.41-58,2018年3月.
  • 長谷川大, 白川真一, 佐久田博司, “Pedagogical Agent の導管メタファ・ジェスチャが学習者の理解に与える効果”, 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,Vol. 4,No.1,pp.83-92,2018年2月.
  • 長谷川大, 佐久田博司, “擬人化エージェントによるAR道案内システム”, 知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌), Vol. 29, No. 6, pp. 670-677, 2017年12月.
  • 長谷川大, “ジェスチャー(Gesture)”, 用語解説:知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌), vol. 29, No. 3, pp. 100, 2017年6月. 
  • 長谷川大,小林裕,白川真一,佐久田博司,安彦智史,安達栄治郎,中山栄純,“アバタ媒介型見守りシステムの開発”,知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌),Vol. 28, No. 6, pp.974-985, 2016年12月. Link
  • 塙 俊樹,白川 真一,長谷川 大,塩入 直哉,大原 剛三,佐久田 博司,“条件付き確率場を用いた発話テキストに対するジェスチャの推定”,電気学会論文誌C,Vol.136,No.3,pp.308-317, 2016年3月. Link
  • 早川和輝,長谷川大,佐久田博司,“主観視点の3D手本動作教材提示によるドラム演奏学習支援および熟練者視線情報を利用した教材による学習効果”,知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌),Vol.28, No.1, pp.511-521, 2016年2月. Link
  • 長谷川 大,安彦 智史,小林 裕,佐久田 博司,“自律移動型デジタルサイネージにおける生物らしさがもたらす情報伝達効果”,情報システム学会誌,Vol.11, No. 1, pp.1-12, 2015年12月. pdf
  • Dai Hasegawa, Shinichi Shirakawa, Naoya Shioiri, Toshiki Hanawa, Hiroshi Sakuta, Kozo Ohara, “The Effect of Metaphoric Gestures on Schematic Understanding of Instruction Performed by a Pedagogical Conversational Agent,” In Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Vol. 9192, pp. 361-371, 2015. pdf Link
  • 安彦智史, 池辺正典, 丸山広, 長谷川大, “PC内蔵カメラを用いた学習態度把握方式の検討”,情報教育シンポジウム論文集(情報処理学会シンポジウムシリーズ), pp.103-108, 鳥取, 8/17-19, 2015.(優秀論文賞) Link
  • 長谷川 大,荒木 健治,”動詞教示インタラクションを通じたロボットに対する親和的心理の構築”,知能と情報 (日本知能情報ファジイ学会誌),  Vol. 23, No. 6, pp. 863-873, 2011年12月. Link 
  • Dai Hasegawa, Rafal Rzepka and Kenji Araki, “Connectives Acquisition in a Humanoid Robot Based on an Inductive Learning Language Acquisition Model,” Humanoid Robots, Edited by Ben Choi, In-Tech, Vienna, Austria, pp.65-82, January, 2009, ISBN 978-953-7619-44-2 (Online journal).  Link
  • Dai Hasegawa, Rafal Rzepka and Kenji Araki, “Evaluation of Connectives Acquisition in a Humanoid Robot Using Direct Physical Feedback,” Lecture Notes in Artificial Intelligence (LNAI), Vol. 4830, pp.664-668, December, 2007.  Link

 

International Conferences


  • Dai Hasegawa, Naoshi Kaneko, Shinichi Shirakawa, Hiroshi Sakuta, Kazuhiko Sumi, “Evaluation of Speech-to-Gesture Generation Using Bi-Directional LSTM Network”, (To appear in) the Proceedings of 18th ACM International Conference on Intelligent Virtual Agents (IVA2018). 
  • Kenta Takeuchi, Dai Hasegawa, Shinichi Shirakawa, Naoshi Kaneko, Hiroshi Sakuta, Kazuhiko Sumi, “Speech-to-Gesture Generation: A Challenge in Deep Learning Approach with Bi-Directional LSTM,” the Proceedings of 5th International Conference on Human Agent Interaction (HAI2017), pp. 365-369, Bielefeld, Germany, October 17-20, 2017.
  • Kengo Obana, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “Change in Subjective Evaluation of Weight by the Proteus Effect,” Communications in Computer and Information Science (CCIS), Vol. 713, pp. 353-357, 2017. 
  • Kenta Takeuchi, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “Creating a Speech-Gesture Dataset for Speech-Based Automatic Gesture Generation,” Communications in Computer and Information Science (CCIS), Vol. 713, pp. 198-202, 2017.
  • Dai Hasegawa, Naoki Yokoyama, Hiroyuki Morikawa, Hiroshi Sakuta, Eijun Nakayama, “Evaluation of Avatar Mediated Distant-care System by the Elderly,” Proceedings of the 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design (ACED2017), pp. 754-755, Tokyo, Japan, June 1-4, 2017.
  • Hiroyuki Morikawa, Toshiki Nagao, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, Eijun Nakayama, “Evaluation of Educational Material using 360-degree Video for Hazard Prediction Training in Nursing,” Proceedings of the 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design (ACED2017), pp. 758-759, Tokyo, Japan, June 1-4, 2017.
  • Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “Gesture Occurrence Analysis in Japanese Lecture Videos,” the Proceedings of the 12th Annual Education and Development Conference (EDC2017), pp. 173-178, Bangkok, Thailand, March 4-7, 2017.
  • Dai Hasegawa, Satoshi Abiko, Hiroshi Sakuta, “Autonomous Mobile Digital Signage – Persuasiveness of Life-like Behaviors on Daily Zodiac Horoscope,” Proceedings of the 28th Australian Conference on Human-Computer Interaction (OzCHI2016), pp.150-154,  Launceston, Australia, November 29 – December 2, 2016. pdf
  • Yu Kobayashi, Dai Hasegawa, Shinichi Shirakawa, Hiroshi Sakuta, Eijun Nakayama, “Development of Web-based Platform for Privacy Protective Avatar Mediated Distance-Care,” Communications in Computer and Information Science (CCIS), Vol. 604, pp. 131-139, 2016. Link
  • Yu Kobayashi, Mao Shinoda, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “The Effects of Life-likeness on Persuasion and Attention-Drawing in a Mobile Digital Signage,” Communications in Computer and Information Science (CCIS), Vol. 528, pp. 128-132, 2015. pdf Link
  • Kei Tanaka, Dai Hasegawa, Martin J. Dürst and Hiroshi Sakuta, “Avatar Chat: A Prototype of a Multi-Channel Pseudo Real-time Communication System,” In Proceedings of the 28th Annual Conference on Computer Animation and Social Agents (CASA2015), pp.25-28, Singapore, Singapore, May 12-13, 2015. pdf
  • Hidemasa Kimura, Jumpei Hayashi, Yuichi Demise, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “The Effects of Listening Agent in Speech-Based On-line Test System,” In Proceedings of 2015 IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON), pp.373-377, Tallinn, Estonia, March 18-20, 2015. pdf Link
  • Akihiro Takeuchi, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “Web-based Avatar Represented Lecture Viewer toward Interactive e-Lecture Performed by 3D Avatar,” In Proceedings of 2015 IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON), pp.283-286, Tallinn, Estonia, March 18-20, 2015. pdf Link
  • Michal Ptaszynski, Dai Hasegawa, Fumito Masui, “Women Like Backchannel, But Men Finish Earlier: Pattern Based Language Modeling of Conversations Reveals Gender and Social Distance Differences”, In 9th International Conference on Natural Language Processing (PolTAL 2014), Samsung HLT Young Researchers Symposium, Paper ID:02, 2014.09.17-19, Warsaw, Poland. pdf
  • Dai Hasegawa, Yucel Ugurlu, Hiroshi Sakuta, “A Human-like Embodied Agent Learning Tour Guide for E-learning Systems,” In Proceedings of 2014 IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON), pp. 50-53, Istanbul, Turkey, April 3-5, 2014. pdf Link
  • Yucel Ugurlu, Dai Hasegawa, Hiroshi Sakuta, “Student Interactions with E-learning Systems: User and Topic Analysis,” In Proceedings of 2014 IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON), pp. 45-49, Istanbul, Turkey, April 3-5, 2014. pdf Link
  • Dai Hasegawa, Yucel Ugurlu, Hiroshi Sakuta, “A Case Study to Investigate Different Types of Intrinsic Motivations Using e-Learning System,” In Proceedings of 2013 IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON), pp. 362-366, Berlin, Germany, March 13-15, 2013.  pdf Link
  • Hiroshi Sakuta, Dai Hasegawa and Taro Yabuki, “Development of a set of hybrid learning library for mechanics,” In Proceedings of 2012 JSEE Annual Conferece & AEESEAP Workshop 2012, pp. 64-69, Tokyo, Japan, August 23-24, 2012.  Link
  • Dai Hasegawa and Kenji Araki, “Does a Robot that Can Learn Verbs Lead to Better User Perception?” In Proceedings of 7th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI2012), pp. 143-144, Boston, MA, USA, March 5-8, 2012.  pdf Link
  • (Invited Talk) Dai Hasegawa, “The Impact of Language Acquisition Ability on Human Perception in Human-Robot Interaction,” 2012 International Symposium on Global COE Program of Center for Next-Generation Information Technology based on Knowledge Discovery and Knowledge Federation, Sapporo, Japan, January 16-18, 2012.
  • Dai Hasegawa, Justine Cassell and Kenji Araki, “The Role of Embodiment and Perspective in Direction-Giving Systems,” In Proceedings of the 2010 AAAI Fall Symposium on Dialog with Robots (FS-10-05), pp.26-31, Arlington, VA, USA, November 11-13, 2010.  pdf
  • Dai Hasegawa, Jonas Sjobergh, Rafal Rzepka and Kenji Araki, “Automatically Choosing Appropriate Gestures for Jokes,” In Proceedings of the Fifth AAAI Conference on Artificial Intelligence and Interactive Digital Entertainment (AIIDE-09), pp. 40-45, San Francisco, USA, October 14-16, 2009.  pdf
  • Dai Hasegawa, Rafal Rzepka and Kenji Araki, “A Method for Acquiring Body Movement Verbs for a Humanoid Robot Through Physical Interaction with Human”, In Proceedings of the Fifth AAAI Conference on Artificial Intelligence and Interactive Digital Entertainment (AIIDE-09), pp. 34-39, San Francisco, USA, October 14-16,  2009.  pdf
  • Dai Hasegawa, Rafal Rzepka and Kenji Araki, “Teaching a Humanoid Robot through Physical Feedback: So Easy Even a Five Year Old Could Use It,” In Proceedings of The 19th Intelligent System Symposium (FAN2009), CD-ROM C1-4-4, Aizu-Wakamatsu, Japan, September 17-18, 2009.  pdf
  • Keiichi Takamaru, Hideyuki Shibuki, Yasutomo Kimura, Dai Hasegawa, Hokuto Ototake and Kenji Araki, “Extraction of Political Activity of Assemblyman from Minutes of Municipal Assemblies Using the Political Category,” In Proceedings of Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2009), pp. 217-222, Sapporo, Japan, September 1-4, 2009.  pdf
  • Dai Hasegawa, Jonas Sjobergh, Rafal Rzepka and Kenji Araki, “Are Body Movements Really Important for Joke Systems? Comparing Different Styles of Joke Performance,” In Proceedings of the First International Workshop on Laughter in Interaction and Body Movement (LIBM’08), pp.8-13, Asahikawa, Japan, June 10, 2008.  pdf

 

競争的資金


  • 科学研究費助成事業・若手研究(B), 研究課題: Pedagogical Agentを利用したMOOCの構築 (代表, 2017~2020).
  • 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP), 研究課題: 革新的構造材料, マテリアルインテグレーションシステムの開発(分担, 2014~2018)
  • 科学研究費助成事業・挑戦的萌芽研究, 研究課題: 立体視が発音身体知獲得に与える影響の解明とその言語学習支援への応用 (分担, 2014~2016).
  • 科学研究費助成事業・若手研究(B), 研究課題: 対話エージェントを利用したeラーニング学習支援 (代表, 2013~2016).
  • 戦略的情報通信研究開発推進事業 (SCOPE), 研究課題: 介護支援人型エージェントによる地域医療コミュニティネットワークの研究開発 (分担, 2013~2014).
  • 共同研究, 月井精密 (2014). 
  • 共同研究, 現代自動車 (2013).

 

受賞


  • 優秀論文賞,受賞論文: “PC内蔵カメラを用いた学習態度把握方式の検討”,情報教育シンポジウム,8/17-19,2015.
  • 奨励賞, 受賞論文: “Teaching a Humanoid Robot through Physical Feedback: So Easy Even a Five Year Old Could Use It,” 日本知能情報ファジイ学会, 9/14, 2010.
  • Best Presentation Awards, at the 19th Intelligent System Symposium (FAN2009), September 18, 2009.
  • 北海道大学工学部竹村伸一奨学生, 2009.

 

特許


  • 名取磨一,奥島隆司,井上和司,長谷川大,山口強,小林裕,桒原仁推,”見積支援装置、算出方法、およびプログラム“,特許第6255655号,2017年12月15日(登録日).
  • 佐久田博司, 長谷川大, 林 明夫, 発音学習支援システム及び発音学習支援方法”,特願2016-044435, 2016.3.8.
  • 佐久田博司, 長谷川大, 白川真一, 安達栄治郎, “遠隔見守りシステム”,特許第6312512号,2018年3月30日(登録日).

 

国内学会


  • 日和 航大,荒木 健治,長谷川 大,芳尾 哲,”講義代行ロボットにおける双方向LSTMを用いたジェスチャ自動生成システムの性能評価”,2018年度人工知能学会全国大会,2C4-01,鹿児島,6/5-8,2018.
  • 尾花謙伍,長谷川大,白川真一,金子直史,佐久田博司, 鷲見和彦,”アバタ媒介型見守りシステムにおけるKinectの姿勢推定エラー補正”,HAIシンポジウム2017,P26,金沢,12/11-12,2017.
  • 竹内健太,長谷川大,白川真一,金子直史,佐久田博司, 鷲見和彦,”Bi-directional LSTMを用いた発話に伴うジェスチャの自動生成手法の検討”,HAIシンポジウム2017,P34,金沢,12/11-12,2017.
  • 塩澤朋,長谷川大,佐久田博司,”音節と継続時間を考慮した擬音語決定手法の提案”,HAIシンポジウム2017,P22,金沢,12/11-12,2017.
  • 浅川 栄一, 白川 真一, 長谷川 大, “ニューラルネットワークを用いた発話テキストに対応するジェスチャの自動生成”, 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会2017 (SSI2017), GS01-14, 浜松, 11/25-27, 2017.
  • 日和航大, 荒木健治, 長谷川大, “ヒューマノイドロボットを用いた講義代行システムにおけるジェスチャの考察”, 平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会予稿集, pp. 220-221, 函館, 10/28-29, 2017.
  • 吉田駿哉, 長谷川大, 佐久田博司, “探索的検索におけるWebブラウザ履歴の可視化による知識の構造的把握”,インタラクション2017予稿集, 東京, 3/2-4, 2017.
  • 横山直輝, 長谷川大, 佐久田博司, 盛川浩志, 中山栄純, “高齢者を対象としたアバタ媒介型見守りシステムの印象評価”,日本人間工学会関東支部第46回大会予稿集, pp.130-131, 高崎, 12/3-4, 2016 (奨励賞).
  • 長尾俊輝, 長谷川大, 佐久田博司, 盛川浩志, 中山栄純, “360 度映像を用いた看護教育を対象とした危険予知トレーニング教材の開発”,日本人間工学会関東支部第46回大会予稿集, pp.132-133, 高崎, 12/3-4, 2016.
  • 長谷川大, 小林裕, 桒原仁雄, 佐久田博司, “分散サーバによるモデル志向型アプリケーションの統合開発環境”,SIP「革新的構造材料」マテリアルズインテグレーションシンポジウム2016予稿集, pp. 44, 東京, 11/1-2, 2016.
  • 長谷川 大, 小林 裕, 白川 真一, 佐久田 博司, 安彦 智史, 中山 栄純, “アバタ媒介型見守りシステムの提案と通信性能評価”,ヒューマンインタフェースシンポジウム2016論文集, pp. 741-744, 東京, 9/6-9, 2016.
  • 山田大, 安彦智史, 長谷川大, Michal Ptaszynski, 中村健二, 佐久田博司, “ID交換掲示板における書き込み有害性評価に向けた隠語概念化手法の提案”, 言語処理学会第22回年次大会発表論文集, pp. 49-50, 3/8-10, 2016.
  • 竹内 健太, 長谷川 大, 佐久田 博司, “3Dアバタチャットシステムにおける空間表現が対話内容に及ぼす影響の調査”, インタラクション2016予稿集, pp.746-750,  東京, 3/2-4, 2016.
  • 塩澤 朋, 長谷川 大, 佐久田 博司, “擬音語を利用した室内環境認知支援システムの試作”, インタラクション2016予稿集, pp.814-818, 東京, 3/2-4, 2016.
  • 安達栄治郎, 稲吉光子, 中山栄純, 佐久田博司, 長谷川大, 白川真一, “介護支援人型エージェントによる地域医療コミュニティネットワークの研究開発(132303001)”,ICTイノベーションフォーラム2015, 東京, 10/7, 2015.
  • 林 明大, 長谷川 大, 佐久田 博司, PCA による学習プロセス制御を簡易に実現する電子教材作成ライブラリIDML.js の提案”,日本教育工学会第31回全国大会, P2a-BHAL-34, 東京, 9/21-23, 2015.
  • 出店 優一 , 木村 英雅, 林 潤平,  長谷川 大, 佐久田 博司, “eラーニングにおけるリスナエージェントを利用したスピーチベーステスト”, 第77回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 619-620, 京都, 3/17-19, 2015.
  • 兜森仁志, 安彦智史, 長谷川 大, 佐久田 博司, “webカメラを用いた瞬き検出による集中度評価”, 第77回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 931-932, 京都, 3/17-19, 2015.
  • 小室 直斗, 長谷川 大, 佐久田 博司, “Webブラウザ内で空間共有するアバタ媒介型ビデオチャットの提案”, 第77回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 425-426, 京都, 3/17-19, 2015.
  • 篠田 真央, 長谷川 大, 佐久田 博司, “生物らしく動作するデジタルサイネージがもたらす説得効果の調査”, 第77回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 359-360, 京都, 3/17-19, 2015.
  • 塙俊樹, 塩入直哉, 白川真一, 長谷川 大, 大原剛三, 佐久田博司, “条件付き確率場を用いた発話テキストに対するジェスチャの自動生成”,IEEJシステム研究会「機械学習応用研究の最前線」, ST-15-009, 神奈川, 3/11, 2015.
  • 竹内 章裕,長谷川 大,佐久田 博司, “3DアバタによるインタラクティブなWeb講義の実現に向けたWebブラウザにおける3次元骨格情報に基づく講義の実現”,インタラクション2015予稿集, pp.398-402, 東京, 3/5-7, 2015. →Link
  • 田中 圭,長谷川 大,佐久田 博司, “疑似リアルタイムなコミュニケーションを演出するアバタチャットシステムの試作”,インタラクション2015予稿集, pp.506-509, 東京, 3/5-7, 2015. →Link
  • 平松 拓馬,長谷川 大,佐久田 博司, “AR擬人化エージェントによる道案内におけるジェスチャ生成視点が案内の理解度に与える効果”,インタラクション2015予稿集, pp.789-794, 東京, 3/5-7, 2015. →Link
  • 合間優陽, 長谷川大, 戸辺義人, 佐久田博司, “コンピュータ初学者用プログラミング作業定量化システムの構築”,電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会(第20回), P181, 東京, 2/28, 2015.
  • 木村英雅, 出店優一, 林潤平, 長谷川大, 佐久田博司, “スピーチベースのeラーニングにおけるリスニングエージェントが学習に与える影響”,第19回人間情報学会講演会ポスターセッション予稿集, P1, 東京, 12/2, 2014. →Link
  • 塩入 直哉, 塙 俊樹, 長谷川 大, 白川 真一, 佐久田 博司, 大原 剛三, “擬人化エージェントの暗喩的ジェスチャ自動生成および教育教材への応用”,電子情報通信学会技術報告, ET2014-17, pp. 51-56, 浜松, 6/14, 2014. →Link
  • 長谷川 大, 白川 真一, 佐久田 博司, 安達 栄治郎, “プライバシ・プロテクティブなアバタ媒介型監視”,第17回人間情報学会講演会ポスターセッション予稿集, pp.12, 4/25, 2014. →Link
  • Michal Ptaszynski, 長谷川 大, 桝井 文人, 佐久田博司, 安達栄治郎, “How Differently Do We Talk? A Study of Sentence Patterns in Groups of Different Age, Gender and Social Status,” 言語処理学会第20回年次大会 (NLP2014) 発表論文集, P1-1, 札幌, 3/18-20, 2014.
  • 小倉広大 , 長谷川大 , 佐久田博司, “一対多会話における複数人同時注意喚起行動の調査”,第76回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 263-264, 3/11, 2014.
  • 川島友 , 川上菜々 , 佐久田博司 , 長谷川大, “ARとジェスチャ認識を用いたインタラクティブな空間認識力訓練システムの提案”,第76回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 63-64, 3/11, 2014.
  • 小林竜司 , 長谷川大 , 佐久田博司, “アバターを介したビデオチャットにおける視線利用の効果”,第76回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 229-230, 3/11, 2014.
  • 塩入直哉 , 塙俊樹 , 佐久田博士 , 長谷川大 , 大原剛三 , 白川真一, “講義映像における暗喩的ジェスチャーと品詞及び統語的情報の関連性”,第76回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 181-182, 3/11, 2014.
  • 竹内章裕 , 加藤康男 , 長谷川大 , 佐久田博司, “人体通信装置の心電図への影響調査に関する一検討”,第76回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 79-80, 3/11, 2014.
  • 田中圭 , 長谷川大 , 佐久田博司, “発話タイミングを考慮したARアバターチャットシステムの提案”,第76回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 77-78, 3/11, 2014.
  • 早川和輝 , 長谷川大 , 佐久田博司, “ドラム練習支援における演奏者視点ARアニメーションと視線情報の可視化の効果”,第76回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 305-306, 3/11, 2014.
  • 平松 拓馬, 長谷川 大, 佐久田 博司, “AR擬人化エージェントを利用した道案内におけるジェスチャ及び視線の調査”,HAIシンポジウム2013, P26 (Online), 岐阜, 12/7-8, 2013.  →Link
  • 高橋 紳一郎, 中川 卓也, 佐久田 博司, 長谷川 大, “日常的なストレスマネジメントへ向けた短期ストレスに対する唾液アミラーゼ反応とストレス対処能力の関係調査”,第16回人間情報学会ポスター発表集, pp.12-17, 東京, 12/4, 2013. →Link
  • 長谷川 大, 佐久田 博司, “E-learningガイドエージェントの姿勢変更による学習への引き込み効果の測定”,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 113, No. 229, pp.39-42, 広島, 9/28, 2013. Link
  • 佐久田 博司, 長谷川 大, “力学モデルの直観的理解と設計知識の相関”,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 113, No. 229, pp.65-68, 広島, 9/28, 2013. Link
  • 内田ゆず, 長谷川大, 荒木健治, 米山淳, “商品レビュー文におけるオノマトペと商品カテゴリの関係についての予備調査”, 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, pp. 810-813, 2013.
  • 上野駿太, 内田ゆず, 長谷川 大, 佐久田 博司, “エージェントによるオノマトペ教育システムの開発”,第75回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 661-662, 3/6, 2013.
  • 亥ノ瀬祐樹, 長谷川 大, 佐久田 博司, “対話エージェントによるe-learningガイドの学習効果へ与える影響の調査”,第75回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 613-614, 3/6, 2013.
  • 伊藤かほ, 小林裕貴, 平松拓馬, 長谷川 大, 佐久田 博司, “道案内システムにおけるAR擬人化エージェントの効果”,第75回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 247-248, 3/6, 2013.
  • 齊藤雄大, 長谷川 大, 佐久田 博司, “文章のリズムを考慮した小説執筆支援システムの作成”,第75回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 145-146, 3/6, 2013.
  • 鎌田健史, 長谷川 大, 佐久田 博司, “Twitterにおける専門家判別手法の性能評価”,第75回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 105-106, 3/6, 2013.
  • 佐藤宏亮, 内田ゆず, 長谷川大, 米山淳, “カスタマーレビューにおけるレビュー評価点とオノマトペの関係の分析”,第75回情報処理学会全国大会講演論文集, pp. 2309-2310, 3/6, 2013.
  • 若菜勇気, 長谷川大, 佐久田博司, “ユーザキャッシュを利用したWebアーカイブの構築”, 研究報告グループウェアとネットワークサービス(GN), pp.1-7, 1/9, 2013.
  • 島田 裕司, 佐久田 博司, 長谷川 大, “図法幾何学演習問題のインタラクティブな生成システム”,日本図学会2012年度秋季大会学術講演論文集, pp. 59-62, 12/15-16, 2012.  
  • 廣兼 巧麻, 長谷川 大, 佐久田 博司, “ARエージェントが購買意思決定に与える影響の調査”,HAIシンポジウム2012, 2D-2 (Online), 京都, 12/7-9, 2012.  →Link
  • 長谷川 大, 佐久田 博司, “対話エージェントを利用したe-learningガイドの開発”,平成24年度教育改革ICT戦略大会資料, pp. 220-221, 東京, 9/4-6, 2012.  →Link
  • 長谷川 大, 荒木 健治, “動詞教示インタラクションを通じたロボットの擬人性及び親和性の向上”,HAIシンポジウム2011, 2B-5-S (Online), 京都, 12/3-5, 2011.  →Link
  • 長谷川 大,”大学と企業のコラボレーションについて”, 言語処理学会第17回年次大会ワークショップ「自然言語処理における企業と大学と学生の関係」, 豊橋,3/11, 2011.  →Link
  • 長谷川 大, ジェプカ ラファウ, 荒木健治, “ヒューマノイドロボットにおける二項動詞獲得手法の性能評価”,第23回人工知能学会全国大会, 1F2-OS7-4(CD-ROM), 高松, 6/17-19, 2009.  →Link
  • 長谷川 大, ラファウ ジェプカ, 荒木 健治,  “ヒューマノイドロボットにおける身体操作を表現するための二項動詞の獲得”,言語処理学会第15回年次大会発表論文集(CD-ROM), P2-9, 鳥取, 3/2-5, 2009.  →Link
  • 長谷川 大, 乙武 北斗, 木村 泰知, 渋木 英潔, 高丸 圭一, 荒木 健治,  “市議会会議録を対象とした概念体系構築へ向けた分析”,第187回自然言語処理研究会, 第187回自然言語処理研究会の研究報告, 2008-NL-187, pp. 23-28, 熱海, 9/24-25, 2008.  →Link
  • 長谷川 大, ジェプカ ラファウ, 荒木健治, “ヒューマノイドロボットを用いた行動教示による接続語獲得手法の性能評価”,第21回人工知能学会全国大会, 1F2-7(CD-ROM), 宮崎, 6/18-22, 2007.  →Link